体だけの関係だと割り切っているセフレに好きになられたら、男性はどう対応すれば良いのでしょうか。

セフレにしているぐらいですから体の相性は良いものの、だからといって真剣に付き合うとなれば話は別です。

セフレ関係を解消して付き合うなら、まったく違った関係に変化しますよね。

ですのでセフレに好きになられたら、慎重に対応しないといけません。

そこでセフレに好きになられた場合の対応についていくつかアドバイスしますよ。

どのぐらい好きなのかの度合いを確かめる

異性を好きになる度合いは、人によってそれぞれ違うのが一般的ですよね。

相手のことだけしか考えられなくなるぐらい人を好きになる場合もあれば、限りなくライクに近い場合もあります。

ですからまずセフレの女性がどのぐらいの度合いでこちらを好きになっているのかを、冷静に見極める必要がありますよ。

好きになる度合いによって対応を変えれば、関係をこじれさせずに済みます。

セフレ女性の態度や言動をチェックすれば、どのぐらい好きなのかの度合いは確かめられますよね。

たとえば1日に何回も連絡を取ろうとしてきたら相当好きだとわかりますし、その反対に消極的な態度だったら恋愛感情がそれほど強いわけではないと判断できます。

どのぐらい好きなのかの度合いをまず確かめてからどう対応するのかを決めれば、対応を誤って関係が終わってしまうのを避けられますよ。

またセフレ女性に対する自分自身の気持ちはもちろん大事ですので、自分自身が最も納得できるのはどういう関係性なのかよく考えて対応しましょう。

答えを保留にして恋心が冷めるのを待つ

もしもセフレの女性が恋愛体質ですぐに恋をしやすい場合は、好意のアピールや告白に対してはっきり答えないのも対応の1つです。

男性ならあいまいにせずビシッと意志を伝えたほうが男らしいのは確かですが、セフレに好きになられた場合はそうとも言い切れません。

女性が惚れっぽい性格をしている場合は特にそうで、上手にはぐらかすのは悪くない対応方法です。

はぐらかしていれば、そのうち恋心が冷めてしまう可能性は十分あります。

ハッキリと答えたらその時点で決着がついてしまいますが、はぐらかしていれば決着はつきません。

煮え切らない態度を取るのは心苦しいですが、そうすることでセフレの女性の心が自然と冷めることに期待できます。

自然と冷めればまたセフレの関係に戻れますし、直接的にフッてはいないですから女性はそれほど傷つかないですよね。

セフレに好きになられてその好意を受け入れられない場合は、答えを保留にして女性の恋心が冷めるのを待つのも対応方法の1つですよ。

お試しで付き合ってみる

セフレの女性に好きになられたとわかって男性側も女性にそれなりに好意を寄せているなら、お試しで付き合ってみるのも対応の1つです。

ポイントはあくまでお試しにとどめておくことで、シリアスな重いノリにはしないことが大切ですよ。

もしもセフレだった関係から急にシリアスで重いノリの付き合い方をしたら、ギャップが大き過ぎてどうしても違和感を覚えてしまいます。

ですから「ちょっとお試しで付き合ってみようか」ぐらいのフランクなノリで、好意を受け入れてみると良いでしょう。

割り切ったドライな関係から付き合っている恋人になれば、セフレの時よりも相手の女性の良いところと悪いところが両方ともよく見えてきますよね。

女性の本質がわかりますので、その後の関係をどうするか判断する際の参考になります。

お試しで付き合うことを提案して受け入れられれば、女性も「まだお試しだから」と一歩引いて考えてくれます。

いきなり本格的に付き合ったらどうしても重たいノリになってしまいますので、それではリスクが大き過ぎますよね。

もしも関係が破綻した時、セフレには戻りにくくなってしまいます。

女性のセフレに好きになられた場合にお試しで付き合うことにすれば、お互いが納得のいく関係になりやすいです。

まとめ

もしもセフレに好きになられたら、どう対応すれば良いのかは悩むところです。

下手に対応してセフレ関係自体が消滅してしまうのは避けたいので、対応を誤らないようにしっかり気をつけないといけないですよね。

まず女性がこちらをどのぐらい好きなのか、その度合いを確かめます。

もしも気持ちがそれほど強くなさそうなら答えを保留にして恋心が冷めるのを待ち、そうでなければお試しで付き合ってみるのも良いでしょう。

セフレに好きになられた場合は、このような対応方法があります。